メールでのお問い合わせ

03-3788-8148


【診療時間】9:30~13:00/14:30~21:00(水は15:30から) 【休診】木・日・祝日

♡︎バレンタインデー♡︎

   

品川区西小山の歯医者(のもとデンタルクリニック 品川診療所)です

 

チョコレートと歯周病。

最近、チョコレートの中でも原材料に

カカオ分を70%以上含むチョコレートは、

健康への働きが期待できることから、

今大きな人気になっています。

 

現在約8割の人が歯周病と言われていますが

ある調査では、成人の約8割が歯周病に

なっているという結果も出ているほど…

みなさんの中にも、気づかないうちに

歯周病が進行しているという人が多いのではないで

しょうか?

そうした身近な病気である歯周病の対策に、

高カカオチョコが役立つ可能性があるそうです。

歯周病は、歯周病菌などが原因で歯ぐきや

歯を支える骨などが傷み、

重症になると歯が抜けてしまう病気です。

直接の原因は歯周病菌という細菌ですが、

細菌を退治するために体から生産される活性酸素

(攻撃性の強い酸素)が歯ぐきを損傷し、

歯周病を悪化させると考えられます。

チョコレートは、一般的に「歯に悪い」という

イメージがありますが、

高カカオチョコはその限りではないようです。


高カカオチョコに多いカカオポリフェノールは、

歯周病の原因の歯周病菌を減らす働きが期待できる

と、国内の大学の試験でわかってきている

そうです。

試験では、成人男性25人にカカオポリフェノールが

含まれているココアを5週間飲んでもらい、

中の総菌数に占める3種類の歯周病菌の比率を

調べました。

結果は、3種類すべてで歯周病菌が飲用前よりも

減っており、歯周病菌に対するカカオポリフェノー

ルの有用性が示されました。

また、同じ試験では、口臭の原因物質も

測定しており、こちらも減少していたことから、

口臭対策にも有用と考えられているようです。

歯周病菌は、動脈硬化をはじめ多くの病気を引き起

こす原因となると、近年の研究でわかっています。

高カカオチョコに多いカカオポリフェノールで

歯周病を防げれば、最終的には脳卒中や心臓病の

防にもつながる可能性もあるので、

非常にうれしい働きではないでしょうか。

とはいえ、高カカオチョコにも糖分が

含まれており、

歯磨きなどをしないとその糖分が

歯周病菌を増やすことにつながります。

その点はぜひ気をつけて、

「チョコレートを食べるなら高カカオチョコを

食べよう」と考えるのがベターかもしれません。

 

何事にも適量がありますので

食べ過ぎにはご注意を(*^^*)



のもとデンタルクリニック:https://www.dentalnews.jp/

〒142-0062 東京都品川区小山5丁目23−9
お車でお越しの方 東急目黒線西小山から徒歩3分


TOP