メールでのお問い合わせ

03-3788-8148


【診療時間】9:30~13:00/14:30~21:00(水は15:30から) 【休診】木・日・祝日

小児歯科

    小児歯科

    子どもの歯というのは大人の歯とは違います。 お子様の将来を考えた歯科治療を行っていかないといけません。

    歯医者にはこれまで「治療のために」行くところでしたが、現在では「予防のために」行くという認識に変わってきています。

    歯が生え始めた頃から虫歯予防をしっかり行うことで、 大人になってから虫歯のない、虫歯に悩まないお口の中が実現しましょう。


     

    乳歯がむし歯になると

    小児歯科

    お子様の成長とともに生え変わってしまう乳歯ですが、むし歯になってしまったらきちんと治療しましょう。

    乳歯がむし歯になると後から生えてくる永久歯にまで影響が出てしまい、むし歯になったりします。

    永久歯の歯並びが良くないと、見た目も良くないばかりか、歯磨きがしにくくなり、むし歯や歯周病になりやすくなってしまいます。


     

    お子様の将来を見据えた歯科治療を行いましょう

    小児歯科

    のもとデンタルクリニックでは、お子様の生涯を考えて健康な歯の維持のための治療を行っていきます。

    お子さんの歯の健康を守る小児歯科では、虫歯を治療するのはもちろんのこと、お子さんの成長を妨げることのないよう、「虫歯の予防」とともに、「歯並び・噛み合わせ」も整えていきます。

    正しい口元の成長を促すことで、 生涯にわたって健康な歯を維持できる土台づくりをします。


     

    むし歯予防処置

    小児歯科

    当院では一般的な歯科治療の他、お子様の歯の状態に合わせたむし歯の予防処置をオススメしています。


     

    フッ素塗布

    小児歯科

    歯質を強化して虫歯になりにくくする効果のあるフッ素を歯の表面に塗布します。

    最初期のむし歯であれば、フッ素塗布で治癒することもあります。


     

    シーラント

    小児歯科

    奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋める処置です。

    歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい奥歯には深い溝を埋めることで、効果的に虫歯を予防します。


     

    ブラッシング指導

    小児歯科

    歯の生え方に合った歯ブラシの選び方や、発育段階に合ったブラッシング方法をお教えします。

    また、親御さんに対してもお子さんの仕上げ磨きの方法をお教えします。


     

    よくある質問


    Q何歳から受診した方がいいですか?
    A何歳からでも大丈夫です。歯の生え始めやまだ歯が生え揃っていない時期でも、お口の中で気になることがあれば気軽にご来院ください。
    Q何歳からフッ素塗布できますか?
    A生えて間もないときはフッ素の効果は高いので、できるだけ早い時期から、歯科医院でフッ素塗布をすることをお勧めします。但し、フッ素を塗れば安心なわけではなく、普段の歯磨きの習慣やき食生活のチェック、定期的な検診を受けることが大切です。
    Q子どもが歯医者を怖がっているのですが、大丈夫でしょうか?
    A無理やり治療するのではなく、お子様の希望を聞きながら処置を行っていきますので、ぜひ一度、一緒にご来院ください。

TOP